不妊治療で赤ちゃんに出会える|HAPPYウーマンになる

医療用ベッド

不妊改善が出来る薬

不妊に活用されてきました

カウンセリング

排卵誘発剤は、日本の不妊治療においてこれまでも大きな役割を担ってきました。排卵誘発剤を用いた治療は、他の治療に比べて比較的手軽に出来ることから不妊治療の開始時に一番に選択される方法として普及してきたのです。現在では、内服薬や注射薬などの排卵誘発剤が不妊改善のために広く利用されています。 排卵誘発剤の普及と共に最近問題になってきたのが、様々な副作用です。女性ホルモンに働きかける排卵誘発剤の場合には、実際色々な副作用が現れることが多く、症状には一定の注意を払うことが必要とされています。特に卵巣機能のトラブルには注意が必要で、婦人科外来でも排卵誘発剤の使用中には特に気を配って治療が行なわれているのです。

薬で妊娠率を高めます

現在排卵誘発剤は、排卵のない状態やスムーズに排卵が行なわれない場合などに使用されています。このような状況で薬を使用することで、かなりの確率で排卵を起こすことが出来る訳です。こういった排卵の促進効果に加えて排卵誘発剤には卵胞の成長をサポートする作用もあり、様々な面から妊娠の実現しやすい環境を作り上げていくことが出来ます。 こういった効果が注目され、現在でも排卵誘発剤は不妊治療の一番手となっています。手軽に利用が出来る内服薬や卵巣に直接作用する注射などを用いて、妊娠の起こりやすい状況を整えていく訳です。最近では、こういった排卵誘発剤と共に頚管粘液のバランスを整える薬剤も使用されるようになっており、より自然な形で妊娠を実現出来る状況となっています。